ヨモギとの日々part2 〜ヨモギ、ヨモギ餅をつく〜

Part1からの続きです。

「かわだ生音夜会へのゲスト参加を終え、いよいよ29日には「ヨモギのうた旅2018 福井ワラシカフェ編」。

 

順調にリハが進み・・・

 

何が始まったかというと・・・

 

餅つき大会。

「ヨモギ〜!」を連呼しながら餅をつきふらふらになるやましん編。

 

そしてもちろん・・・

ヨモギ、ヨモギ餅をつく!

 

 

ヨモギのライブ開催の話が出たのは今年の5月、それはヨモギ草の旬の時期。

ワラシカフェのオーナーは早速地元河和田地区のヨモギを採取し、この秋に向けて冷凍保存していたのでした。

「絶対にヨモギ餅をつくぞ!!」と。

 

見事実現(笑)

ヨモギ自らがヨモギ餅をつき、それをライブでふるまうという豪華ヨモギ三昧コース!

つきたてお餅はとても美味しい!!

 

さて、そのライブなんですが・・・

今回、オープニングをつとめてくれたのは、地元シンガー、能勢愛子さん。

能勢愛子

能勢さんは本夛マキさんの大ファンでもあり、前回、マキさんソロライブの時にもオープニングを飾ってくれました。

 

そしてそれを見ていたマキさんがえらく感動し、ぜひかおりさんにも見てもらいたい、ヨモギの時にも演奏してもらいたい、ということで、今回も迷いなく能勢さんをブッキング。

生音での演奏が大好きな能勢さん、会場をいい感じに温めつつも、能勢ワールドをしっかり展開してくれました。

かおりさんも相当気に入ってくれたようです!

 

そしていよいよ、ヨモギ登場!

 

ヨモギ(本夛マキ&はせがわかおり)

一曲目、一発目の音からもうヨモギの世界。

会場全体が釘付け、初めての方も大満足です。

 

おなじみ、「しまうまグルグル」で、念願のしましまをつけてもらいました🎵

 

 

もちろんワラシカフェにも。

 

 

実はこの日、翌日早い時間の石川県でのイベントに向けて、ライブ終了後急いで移動しなければならないというスケジュールなのでした。

しかも台風が迫り、天候も悪化。

 

そんな状況でありながら、たっぷり時間を使ってくれ、アンコールにもしっかり時間を割いてくれました。

終わってからもお客さん達とコミュニケーション。

本当にありがとうございました!

お二人からの、最後の挨拶!

 

ヨモギとしても、そしてマキさん、かおりさんそれぞれのソロツアーでも、きっとまた戻ってきてくれると固い約束。

もちろん、わたくしやましんがその実現をしっかりサポートさせていただきます。

 

 

今回来てくれたみなさんも、そしてどうしても来れなかった皆さんも、どうぞ楽しみに待っていてください!

 

 

そしておまけ・・・

翌日の石川県でのイベント。

台風の状態もまだ大丈夫なようだったし、やましんはつい、出かけてしまいました、石川まで。

度々お世話になっているライブスポット「夕焼け」絡みのイベントだったし、豪華な出演者達の演奏が無料で聞けるイベントだったもので。

こちらも感動的でした!

頑張っている石川の音楽仲間達にも会えたし。

 

 

というわけで二日間、個人的には三日間にわたる、ヨモギ三昧の日々。

夢のように楽しかったし、また音楽からパワーをたくさんもらえました!

これからも頑張ります!