弾いて歌う練習について

久しぶりに、ギターレッスンの話をしましょう。

知るひとぞ知る、やましんのギターレッスンの生徒さんは、弾き語りをやりたい、初心者の方がほとんどです。

初心者の中でも、「超初心者」の人が多いんですが、ギターを弾きながら歌う「弾き語り」の練習でありながら、その練習内容は95%以上、ギターのことに費やされます。

 

それで、先日レッスンの時に、こんな質問をいただきました。

「弾き語りの練習をするんだから、やはり歌とギターは同時に練習すべきですか?」

 

ごもっともな質問かもしれません。

 

でも、
これに対する答えとしては、その人のレベル、段階によって違うんですが・・・

 

まだちゃんとギターを弾けない状態の人、その一曲を通して弾けないような状態の人は、とりあえず歌は置いといて、ギターだけ練習したほうがいいです。

 

歌っていうのは、基本的には誰でもいつでも歌えるじゃないですか。

歌うだけならね。
上手に、表現力豊かに歌うとかいうプロ級のレベルじゃなくて、とりあえず歌うだけならの話ですよ。

だから、後回しでいいです。

っていうか、歌うだけだったら、知っている曲だったらもうすでに歌えるでしょう?

 

ただ、ギターを弾くのと歌うのを同時にやろうとなると、これはかなり難しくなります。

ギターも、歌も、どっちもまともにできなくなります。

だから、ギターも全然上達しません

なので、まずは別々に、ギターだけ練習したほうがいいです。

 

それで、曲を通して弾けるようになった時点で、こんどは歌いながら弾く練習にとりかかりましょう

ただその時点でも、弾けていたはずのギターがうまく弾けなくなって、困っちゃうと思いますよ。

でも、それぞれがある程度できている状態ならば、あとは同時にやることに慣れていけば大丈夫。

 

これが、どっちかが全然できないゼロの状態で、同時進行で練習していこうとなると、倍以上の時間がかかると思いますよ。

ゼロに何をかけてもゼロになっちゃう、っていう感じですかね。

 

というわけで、練習頑張ってくださいね。

 

もちろん、ある程度ギターが弾けるようになっている人は、逆に、できるだけきちんと歌いながら弾く練習をしましょう!

 

ギターレッスンについてはこちら!