佐木伸誘さんとのライブ終了🎵

昨夜は越前市・武生駅前の「Sobar’s」。

佐木伸誘さんをお迎えし、地元からは秋本美穂をブッキング。3menライブでした。

 

佐木さんとご一緒するのは、数えてみたらもう5回目になります。

最初は金沢市・片町の音楽バーでのブッキングライブ。

 

もちろん、佐木さんのことは知っていました。前にも話しましたけど、昔やましんがCD店で働いていた頃に、東芝EMIが実力派新人として売り出していましたので。

 

でもまさかその佐木さんとご一緒することになるとは思っておらず、金沢でのその日は興奮気味に過ごしました。

そこで共通の知り合い(金沢-福井の“ひまじん”さん)の紹介もあって、福井でのライブをその後ご一緒することに。

滋賀でご一緒したこともあり、気がつけばわずか2年の間に5回もご一緒させていただくことになっていました。

 

デビュー30周年。

今更実力がすごいとかなんとか、改めて言うまでもないのだけど、決して立ち止まらず、今に満足せず、どんどんん先へ進んでいこう、進化していこうとするその姿勢には何度お会いしても感服します。

ちょっと上から目線な言い方ですが・・・↑

 

 

今回の福井・越前市ライブでは、個性をしっかり持っている地元ミュージシャンをブッキングできたらな、と思い、パッと浮かんだのが秋本美穂さん。

 

佐木さんもなかなか気に入っていた様子。

やましんもお気に入りの曲で「お茶が飲みたい」という曲があるんですが、そのなかの「たぷたぷ」という表現がツボだったようです(笑)

少々喉の調子を壊していた彼女ですが、「出ないなら出ないなりに出し切る」というパフォーマンスはなかなかのものでしたね。

 

 

 

順序が逆になりますが、やましんはトップバッター担当させてもらいました。

曲目は

1.あの夏の忘れ物

2.風が吹いたら

3.ゴールイン

4.Power Of The Music

の4曲でした。

 

 

 

 

 

そして佐木伸誘さん登場。

最初からいきなりアグレッシブなギター、そして迫力ある歌声。

初めてのお客さんも唸ってましたね〜。

 

前半で弦が切れるというアクシデントも。

かえってそこから面白トークにもつながりまして、演奏もMCもとても充実したライブになりました!

 

最後にはセッションも。

急な話で十分打ち合わせをする時間、曲を覚える時間もなく、演奏は少々粗くなってしまいましたが・・・

一人だけ若い(笑)秋本さんに選曲を任せ、意外なあの曲を3人で演奏することに。

(とは言え、彼女にしては若干古めのチョイスですが…)

 

 

県内から、そして県外・遠方からも駆けつけていただいたみなさん、本当にありがとうございました。

 

佐木さんの素晴らしい演奏と人柄、より多くの人に触れて欲しいなと思います。

また来年、ぜひ企画したいと思っていますので、今からチェックしておいてくださいね!

 

もちろん、来年にはさらに進化したやましんの演奏も、佐木さんファンの前でお見せしたいと思っています。