CD「Power Of The Music」

pom2017

CD「Power Of The Music」  (pom2017)

販売価格
¥1,000
在庫状態 : 在庫有り

送料200円(何枚購入でも変わりません)

ご購入はページ下部のカートから。


 

2017年、10月発売のCDミニアルバム(5曲入り)。

タイトル曲の「Power Of The Music」、そしてエンディングの「あの夏の忘れもの」。

この2曲は2017年夏にできた新曲です。

この2曲を、繰り返し聞いてもらえるCDとして、一刻も早く形にしたい、そんな思いが強く、一気にレコーディングしました。

他の3曲ももちろん、とても大切な曲ばかりです。

 

【収録曲】

1.Power Of The Music

「音楽の力」・・・やましん自身を突き動かすもの、そして多くの人の心を動かすもの。
そんな音楽の力にいつも助けられ、その力を原動力として日々を過ごしています。そんなエネルギーを曲に込めました。

2.涙の向こう

幼い頃、保育園に預けられていた頃の薄い記憶をモチーフに、母親の背中にしがみつく子どもの心を描写した作品。自転車の軽快ながらもどこかほのぼのしたリズムが、自分の中ではギターの「3フィンガー」という奏法のリズムとリンクしているのです。

3.寝顔

大切な人、大切なもの、大切な時間・・・当たり前のようにそこにあったものの大きさを、失くして初めて気付く。理屈ではわかっているつもりでも、実際にそんな場面に遭遇してみると、そこには大きすぎる穴があいてしまうものです。自分で歌っていても切なくなるバラードです。

4.浮雲

数年前に出来た曲で、アレンジがまとまらずに演奏頻度が低かったのですが、実はとてもお気に入りのPOPな曲。
「自分の信念はこうだ」「自分はこういう人間だ」…そんな決めつけで自分を不自由にしたくないという、浮雲のようなフワフワした心を描いてみました。

5.あの夏の忘れもの

常に時は前に向かって進み、風景も変わり続けます。しかし人の心は、いつまでも変わることができずに取り残されてしまうことがあるものです。前に進みたいけど進めずにいた、そんな心の中のモヤモヤを、夏の景色や記憶をモチーフに描いたバラードです。

 

【サウンドの特徴】

全ての演奏、作詞、作曲をやましん自身で行いました。録音作業も、完全に一人で行っています。

今回は、複数のギターを重ねています。基本は弾き語りのライブでもあまり違和感がないような、アコースティックなサウンドですが、全曲リードギターを入れました。

「Power Of The Music」と「浮雲」では、エレキギターも使用しました。

また、「浮雲」では。タンバリンの音を打ち込みにより収録。ライブではこれを、ギターの弦を叩く音を「ルーパー」という機械を使用して鳴らしています。

ライブのようでいて、ライブとも少し味付けが違う、そんな感じの仕上がりになったと思っています。

 

※タイトル曲「Power Of The Music」のライブバージョン
(CDに収録されているのはライブバージョンではありません)

 

数量