オープンマイク/オープンステージ(飛入り)

 

 

全国のいろんなライブハウスやライブバーなどで、「オープンマイク」というイベントが開かれています。

毎日がオープンマイクという店もあります。

 

「オープンステージ」とか「飛入りライブ」などと呼ばれることもありますが、これは文字どおり、マイク/ステージを解放する日、ということ。

 

基本的には誰でも、順番にステージに上がって、何曲か演奏できる、というシステムです。

当日先着順で2曲ずつ…とか、持ち時間15分で順番に…とか、ルールはその店によって違いますが、ほとんどの店で、まだライブを組める程でもないけれど…というレベルの人でも、ステージを体験できるというようなもの。

また、時にはライブを頻繁にやっているミュージシャンも参加して、ライブの予行練習をしたり、新曲のチェックをしたりするのにも使っています。

 

いずれにしても、人前での演奏を手軽に経験できる場というのは、とても貴重です。

既にライブ活動をしている人にとっても、将来ライブをしたい人にとっても。

一人で部屋やスタジオにこもって練習しても、いざ人前でとなると、ボロボロになったりしますからね。

 

で、そんなオープンマイク、福井県内でも最近増えてきました。

元々そういうのをやっている音楽バーも何件かあるみたいですし、やましんが関わっている場としては、『生音夜会』が開催されている鯖江市河和田のWarashi Café
(基本的には毎月第2火曜日、変更もあり)。

こちらは元々簡易PAシステムのみ常備、または生音での演奏です。

 

後は、県内の老舗ライブハウス「CHOP」。

本格的なライブハウスのPAが使えます。(次回は来年までお休み)

 

 

不定期ですが、越前市のSobar’sでも開催。
(現在未定)

 

その他にもあるかもしれませんが、気になる方は直接問い合わせてみてくださいね。

やましんも、弾き語りを再開(これについてはまた後日)したのは、今はもうなくなりましたが、ライブハウス・マロンパラダイスというところのオープンマイクでした。

もう弾き語りなんて全くやるつもりも無かったのに、友人と店のママさんに勧められ、まぁ、軽い気持で出てみるか・・・と参加したのがきっかけ。

気がつけばその日から毎週のように通い、いつの間にか弾き語り専門になっていったのでした。

 

これがただ単に一人で家で練習していたり、たま〜にあるライブに出る、という程度だったら、全然上達していなかったと思うんですね。

今みたいに、音楽活動に精を出すようなこともなかったかな、と。

 

とにかく人前で演奏する、ということは貴重な経験。

もちろん、時にはお客さんや先輩ミュージシャンから厳しい指摘、チェックを受けたり、酔っぱらったお客さんにひどいことを言われたり、上手く演奏できなくて悔しい思いをしたり・・・

そんなこともあると思います。

でもそういう経験をして、さらに成長して行けるのもまた、オープンマイクの魅力。

 

もし、これから音楽活動をしていこうと考えている人、ライブ経験を積みたいという人、オープンマイクに参加してみてはいかがですか?

 

写真はオープンマイクに参加し始めた頃のやましん。

素人っぽさ全開、直立不動でガチガチです・・・(汗)