ライブで演奏するカバー曲の著作権の話

最近、身の回りで「著作権」に関する話題が持ち上がることが多くなりました。

やましんが度々ライブ企画に関わっている「Warashi Café」にも、某著作権関係の団体から厳しいチェックが入り続けています。

それについては、現在オーナーさんが対応してくれていますが、今後どのようにしていくかは様子を見ながら考えていかなければなりません。

あ、もちろんちゃんと申請して著作権使用料を支払っていますし、そのこと自体は、ある程度までは必要なことだと考えています。

 

 

多くの方が何となく把握しているかとは思いますが、音楽などの作品には、作者が持つ権利・著作権というものが発生します。

その作品を、他人が勝手に使ってビジネスをしたり、利益を得たりすることは、その権利を侵害することになるわけです。

人が作ったものを勝手に使うわけですからね。

 

で、その権利自体は、作った本人、もしくはその権利を譲り受ける契約をした人物やレコード会社などが持っているものなわけですが、そうは言っても、全国で誰がどこで、自分の曲を使用しているかなんてわかりません。

そして、「使用するなら、著作権保持者の私にちゃんと許可を取ってくださいよ!」とアピールしたところで、全国の多くの人から「じゃぁ、お願いします」と連絡が立て続けに来ても、管理しきれないでしょう。

 

そこで、そういう作業を一手に引き受けているのが、著作権管理団体です。

最も有名なところで、なんとかラック、というのがありますよね。

100%ではないようですが、市場に出回っているメジャー系の楽曲のほとんどは、そこに管理が委託されているわけです。

 

で、そのなんとかラックさん、その著作権を守るためということで、日々、ネット検索をしまくったりして、全国各地の音楽作品の使用状況を調査しているようです。

そして、著作物の使用許可申請を出していないライブイベント、ライブハウス、音楽バーetc.・・・

要するに、音楽が営利に繋がるような活動をしている場所を片っ端から探して、「使った曲を申請して、著作権使用料を払いなさいよ」と催促するわけです。

 

 

たとえば、アマチュアバンドやソロシンガーが、ライブハウスやカフェでライブをしたとします。

そしてその中で、カバー曲を歌ったとしましょう。

そうしたら、その時点で著作権使用料が発生するんです。

 

つまり、ライブで演奏したカバー曲の数だけ、著作権使用料が発生し、それをその店・もしくは主催者が支払っている、ということになります。

 

こういうことは生演奏のライブだけでなく、カラオケなどでももちろん同じこと。

普段,大勢の人が気楽にお店で好きな曲を歌ったり演奏したりしているわけですが、その背後ではこういう費用が発生しているわけです。

 

基本的には、店や主催者側は、その演奏曲をなんとかラックに申請し、規定に基づいた料金が請求され、それを支払う、という流れです。

 

ただですね・・・

毎日のように営業しているライブハウスやカラオケ店。

日々の曲目をチェックして、毎日申請する…なんていう作業は到底やってられません。

しかもそのなんとかラック、ライブの10日前とかに事前に申請しなさい、なんていう無茶なことを言ってくるんです。

 

どう考えたって、無理でしょそりゃ。

当日の雰囲気次第で曲目を決めることだってあるし、リクエストに応えることだってある。

そういう「ライブ」な部分を無視して、申請のためだけに決めた通りの曲目しか演奏できない・・・

 

そんなクソつまらないライブなんてありますかね??

 

おっと、少しだけ口が悪くなってまいりました、失礼しました…(汗)

 

ちょっと調べるといろいろ出てくると思いますが、実はこのなんとかラックさん、世間での評判はあまりよろしくございません。

カス呼ばわりされてたりとか・・・おっと、また口が…(~o~)

 

やましんも電話でやり取りした経験がありますが、まぁなんとも融通が利かないというか、上から目線の口調がひどいというか、おいコラ何様やねんテメェこの!!

と、申し上げたくなってしまう次第でございますのです。

 

もちろん、作者の権利を守るという大儀には同意するわけですが、それならそれでも、もうちょっと対応の仕方といいますかね。

音楽を守る人の態度、とはとても思えないようなシステムだったり、対応だったりが目についたりするわけです。

 

 

ただ実際のところは、たとえば放送局とか、ライブハウスの多くだったりが、包括契約と呼ばれるものを結んでいましてね。

ようするに、規定にそってまとまった金額を払っておけば,曲を使い放題、ということになるのです。

 

ライブごとに申請しろと言われ、「Facebookを見たら来週もライブがあるらしいじゃないか、早く申請しなさいよ〜」と言われ、遅れたらしつこく電話が・・・

サラ金の取り立てみたいな追いつめ方をされ続けたんじゃぁ、否が応でも包括契約ってことになりますわな。

 

ただこの包括契約、まとめて払っちゃって、本当に著作権所有者のところに正当な金額が回っていくの??という疑問は尽きないわけであります。

いちおう、サンプル調査ということで、ライブハウスではどんな曲が演奏されているのかを調査して、その結果をもとに分配されているということになってるけど、それってどこまで??

 

有名な話では、元爆風スランプのドラマー、ファンキー末吉さんがこの問題に真っ向から対峙し、裁判で戦ったというエピソードがありますが、興味のある方は検索してみては??

 

あ、管理団体に委託した以上、著作権所有者本人が演奏したライブでも、使用料がかかることになります。

ややこしい話だけど、システム上しょうがないってことですね。

 

 

それから、世の中の全ての楽曲に「著作権」自体は発生するわけですが、管理団体に委託せず、自分が管理するのももちろんアリです。

そしてその場合、誰かがその曲を使いたいと言ってきて「別にいいよ〜」って許可がもらえれば、それだけで基本的にはOK、お金は誰にも払わなくていいことになります。

なんとかラックの場合は、そのやり取りを「使用料を払う」というシステムにしているだけです。

 

登録されていない曲を使用する場合は、著作者に直接「使っていい?」と聞いて、「いいよ」と言ってもらう、または著作者が「じゃぁ、1回300円ちょうだい!」って言ったら300円払う・・・というようなことになるわけです。

 

イベントや店のBGMで楽曲を流すだけでも、なんとかラックさんでは著作権使用料が発生することになっているそうです。

 

 

まぁいずれにせよ、ライブ活動をする人は、人の曲を歌う度にそのようなことが発生し、それにライブハウスや主催者さんたちが対応してくれているんだ、ということは知っておいたほうがいいかとは思います。

 

 

ちなみに、やましんの曲については、なんとかラックさんはもちろん、どこにも管理を依頼していません。
もしなんかで使いたいという人がいたら、一度尋ねてくだされば。

基本的に使ってもらえることはありがたいので。

BGMとしてCD等の音源をかける、というようなことなら、特に許可なくどんどん利用頂いて結構です。むしろどんどんかけてください^^;