ギターカフェ…ワンポイントレッスン、体験会的な〜

やましんは、個人別のギターレッスンと別に、時々「ギターカフェ」というイベントをやっています。

現在は鯖江市河和田の「Warashi Café」で開催しているんですが、ゆる〜い出入り自由のギター教室みたいなものです。

 

開催時間中、好きな時に来て、ギターのことで質問してみたり。

全くギターを触ったことさえない人が来て、体験してみたり。

既に弾ける人が遊びに来て、セッションしてみたり。

 

まぁとにかく、ギターに関することなら何でも、という時間です。

そんなわけでかなりゆるい会なんですが、先日はちょっとだけ真面目に・・・いや、いつも不真面目なわけではないんですが、割と同じようなレベルの人達がそれぞれに集まったもので、けっこうちゃんとした教室っぽい感じになりました。

 

今回特にテーマにあがったのは、コード・ストロークをする際の「おかず」てきな音の入れ方についでです。

オリジナル曲でも、カバー曲でも、単純にコードをストロークするだけの伴奏をしている人って、初心者の人にはかなり多い気がします。

正直、それだけだととても単調。

そこでよくあるのが、「add9」とか「sus4」を使うということですね。

説明すると長くなるので、どういうことなのかは、ググってください(笑)

左手で押さえるコードに、指を一本付け加えたり、離したり。

 

これを、あるタイミングで付け加えたり離したりするだけで、かなり彩りが加わった感じになるわけです。

あとはベース音を動かす、というやつ。分数コードというやつですね。

GonCとか、G/Cとか書かれている、あれ。

dim(ディミニッシュ)の話もチラリ。ちょっと難しいので、あくまでもチラリ、です。

 

 

これでもけっこう基本的な話なんですが、皆さん案外、自己流で練習していると、知らなかったり、うまく使えていなかったり…ということがあるんですね。

改めて、教わることって大事だな、と思った次第です。

 

この「ギターカフェ」企画、今後もできるだけ続けていきたいと思います。

と言いながら、次回の日程を相談し忘れていました。

 

また決まり次第、FacebookやTwitterでお知らせしますのでチェックしてください。

もちろん、個人レッスンも受付中です。

 

 

ちなみに今回は、無理矢理セッションもあり。

そしてギターケースの話や楽器屋さんの話、曲目選びの話などで、時間を大幅にオーバーしても話がつきませんでした。

あくまでも「ギターカフェ」ですからね、練習ばかりでなく、ギターや音楽にかんするおしゃべりもイベントの一環です!