4月 京都、滋賀の旅

4月5日から7日までの三日間、滋賀・京都ミニツアーでした。

例年ならば桜が見頃な時期のはず。

しかし今年は早く咲いて早く散ってしまったので、花見ツアーとはならず・・・

いや、目的はあくまでもライブです!

 

まずは、今年初の路上ライブからスタート!

場所を求めて、四条大橋のとあるスポットに向かうと、そこには既に演奏をしているデュオが。

ちらっと様子を覗きにいくと、「from 石川県」とか書いてあるボードが。

演奏していたのは「くるみ」さんでした。

4月26日夜に、金沢の「メロメロポッチ」で対バンすることになっています。

こんなところで初めましてとは・・・

ご挨拶して、別の場所へ移動。

四条より人通りの若干少ない三条へ。

これが功を奏したのか、逆に目立つ、あとは人が立ち止まりやすい。

何人かの観光客の方々に写真を撮られたり、CDを買ってもらえたりしました。

好調な旅の始まり。

 

正直なところ、若干練習不足もあったので夜のライブ前に路上で演奏できてよかった。

2時間近くやってました。

 

 

そして初日の夜は、おなじみ、しかし今年は初のモダンタイムスへ。

今回は何度か一緒になることがあった、ナショナルカンパニーズのギタリスト、「やま」さんに2曲参加してもらって盛り上がりました!

スイング、カントリー、ブルース…古いアメリカの音楽に根ざした彼らの音楽が大好きなんですが、念願かなって今回共演!

 

それから、今月21日に滋賀県長浜市の「川崎や」さんでご一緒する「ゆみ&匠龍門」さんとも一緒になりました。

 

福井から関西出張中の音楽仲間や、大阪からのお客様もかけつけてくれました。

お店の常連さんからは「今日はあなたが出るっていうから来たよ」と声をかけられて気分も上昇!

 

初日の夜は楽しく過ぎていきました。

 

 

そして二日目。

前日遅くなったのもあって、二度寝、三度寝で昼前までダラダラと。

天気がよければまた路上ライブでもやったのですが、あいにくの雨。

 

夜は同じく京都の宇治市。はじめましてのWaoyaさんへ。

二日目の夜は、ちょっとばかり厳しいものになりました。

初めてのお店、名も知られていないやましんのワンマンライブ。

なかなかお客さんが集まってくれません。

ある程度は覚悟もしていたんですけどね。

 

お客さんを待ちながら、夜遅くなってから演奏開始。

それでもわざわざ、どんなやつだろうと思ってきてくれたお客様、そしてじっくりと最後まで聞いてくれたお客様、ありがたい限りです。

 

何度も告知してくれたお店の方々、ありがたいアドバイスももらえて、いい出会いだったと思います!

こういう日も、とても重要なのです。

前日の夜のように、舞い上がってばかりでもいられない。

この両方を体験できたこの度は、非常に重い価値を持つものだと思っています。

 

で、関係ないけど、お店にあったウルトラセブンの変身するときのやつ(笑)

特に怪獣もいなかったので、無駄に変身するのはやめておきました…。

 

 

三日目。

肌寒い一日となりましたが、雨も降っていなかったし、再び路上ライブ決行!

こんどは四条。

土曜の午後の交差点。

とにかく人が多いですね。逆に聞いてもらうにはつらい場所と時間を選んでしまったかもしれないです。

雨が降りそうだったので、1時間程で退散。

駐車場に戻って車に機材を積み込んですぐに、大雨が降り始めました。

 

そして滋賀の守山市、Jsカフェへ。

パスタ・ピザがおすすめ!とありますが・・・

 

かなり美味しいです。

面がもっちもちで、ソースがよく絡んで。

 

本番前にしっかり食べちゃいました。

じっくり聞いてくれるお客様と、個性豊かな出演者達。

こういう人達との出会いが遠征の醍醐味。

 

そしてあっという間の三日間を終えて、福井へ。

やはり旅の〆は、しんやの一人ラーメンということになります。

お疲れさまでした、自分。

 

今回も、いろいろと大きな経験をさせてもらいました。

いいことも、悔しいことも、そしてラーメンも・・・全て血となり肉となり、そして余分なものはウ◯コとして排泄しつつ(汗)

とにかく前進。

 

来月もまた滋賀、京都、大阪でのライブが複数。

はじめましての奈良も!

詳しくはスケジュールをご覧くださいね。

 

今回かかわってくださった皆さん、そして応援してくれた皆さん、ありがとうございました!