5月…いろんなライブを経験して思うこと

怒涛のライブが続いたゴールデンウィーク以後も、そこそこ怒涛でした^^;

 

GW中は滋賀、京都を走り回ったけど、開けて最初のライブは落ち着いて、いつもの福井県坂井市「森のめぐみ」。

いや、まあなんというか、落ち着きすぎていましたね、この日は(笑)

 

というのも、ゴールデンウィーク明けの平日昼。

お客さんがほぼいなくて、馴染みの方ごく数名。静かなライブとなりました。

でもプライベートライブ的な感じで、のんびりと。

 

とはいえこのままでは何なので、急遽もう一回、5月は後半にも森のめぐみで演奏させてもらいました。

こちらは一転して賑やかでしたね。

県内ミュージシャンの方もわざわざ挨拶に来てくれたりとか、出会いもありました。

 

とりあえず名前は伏せますが、多分同世代の女性。

ベテランさんなのかと思ったら、実は本格的に音楽活動を始めたのはここ数年だそうです。

 

実はやましんの周りにはそういう人が何人かいます。

やましん自身は若い頃にも音楽活動の経験がありますが、しばらくブランクもあり、そして今のように各地を飛び回って演奏するようになったのはここ数年の話。

同じような境遇の人を見ると、本当に「お互い頑張りましょう!」と心から思うんですよ。

 

そういえば先日、初めて行った西宮の「ペンギン」というライブバーでも、同じような人に出会い、意気投合しました。

 

ミュージシャンには様々なタイプがいます。

いつも熱い言葉を吐いて、汗を飛び散らせながら歌う人。

一方で、冷静に、あまり感情を表に出さず歌う人。

やましんはどちらかというと、後者寄りかな、とは思います。

 

でも、表から見える雰囲気が違うだけで、内部は同じようなものがあるんだなと、いつも思うんです。

ただ表への現れ方の形が、タイプが違うだけ。

タイプが違っていても、中身に本物の熱いものがある人は、なんとなく分かります。

 

逆にいうと、表だけ熱くて、中身が実は冷めてる、火が通ってない生焼けみたいな人も、いたりするんですけどね・・・(汗)

 

おっと、毒を吐くのはこれくらいにしておきましょう。

 

 

石川にも行ってきました!

3度目となる野々市の「クラプトン」。

マスターとゆっくり話したのは、今回が始めてかな。いろいろな思いを持っていることが分かりました。

そして7月19日(金)にも、出演が決まっています!

 

さらに言うと、翌20(土)は富山・黒部にて。

21(日)は新潟市のアコフェスに・・・

という、北陸、新潟ツアーが決定!

初の試みとなります。詳細はまた後日。

これも、いろいろな縁が繋がってのこと。

 

森のめぐみ以外でも、県内でライブをしています。

越前市のBar Style

お店のスタッフが一番楽しんでくれている、そんな場所です。

とにかくCDをしっかり聞いてくれて、そして他店でのライブにも来てくれる、本当に嬉しいです🎵

 

 

そして、普段の弾き語りとは別に、女性G&Voと組んでいるユニット、hiro and…で、敦賀市のお店に初訪問。

ちいさな村」という、長く続く喫茶店。あえてカフェといわず、喫茶店と言いましょう(笑)

マスターが本当に色々世話してくれて、そして楽しい共演者たちと濃厚なライブをすることができました。

満員御礼、盛り上がりました。

敦賀市でももっと演奏したいなぁ・・・

 

ちらっと触れましたが、西宮での初ライブ、そして大阪あべのにあるBarロージーさんには2度目。

やはり都会でのライブはいろんな面で刺激がありますね。

大阪のいろんな情報も聞けました。

 

 

今月のライブは以上なんですが、ただ、今月はいっぱい「路上ライブ」もやりました。

主に京都鴨川近辺、そして福井駅。

特に大勢の人が行き交い、そして多くの路上パフォーマーが集まる京都の街。

ここで歌っていると、いろんなことを感じます。

自分の小ささも感じることがあれば、希望を感じることもあります。

街の風に吹かれながら、いろんな感情にさらされる、そんな感じ。

 

路上ライブをやる目的は実はいくつかあるんだけど、本当はその目的に関係なく、いろんな思いの流れに身を浸しているのかもしれないですね・・・。

でもそれは、静かな夜の福井駅でも同じかもしれないけれど。

改めて、もっといろんな街で、(路上だけじゃなく、っていうよりできれば路上ではなくライブスポットで)歌っていきたい、そんな思いがますます強くなった5月。

 

 

今月も多くのライブを経験し、いろんな人に出会い、いろんな経験をしました。

中には、思わず顔をしかめるような(ハッキリ顔に出てしまったとは思うけど)出来事もあったり、夜の校舎窓ガラス壊して回りたくなるようなこともあったり・・・(汗)

でもそんなことに出くわす度に、自分は自分で頑張ろうと思う、それが旅というもの、出会いというものでしょうか。

 

あっちこっち、岩にぶつかりながら、進路を探っていくようなものだと思うわけです。

まだまだ、旅は始まったばかり。まだまだこれから、続きます。

 

タイトルとURLをコピーしました