2018年締めのご挨拶

2018年ももうすぐ終わりです。

まだ最終ライブが大晦日に残っていますが、ご挨拶を書いている暇もあまりなさそうなので、起用のうちに(笑)

 

 

今年もいろんなところで、いっぱいライブさせてもらいました。

本当にありがたいし、一回一回が刺激的だったと思っています。

 

福井県内でも新しい人や場所との出会いがあったし、

県外ライブについては、今まで行ったことのない街、店へと、当初の予定以上に歌いに行くことができました。

 

多くのミュージシャン達とも出会いました。

新しいつながりが増え、それらがまた、来年から新しい動きへの扉となっているような気がしています。

 

 

ただ、全体を通して振り返ってみると、決して『満足』と言える一年ではありませんでした。

 

それは、自分の理想、目標、願いといったレベルには、まだまだ達していないからです。

なかなか理想通りにいかない、そんなライブのほうが多かったように思います。

楽しかったという思いよりも、悔しい思いが後々込み上げてくる、そんなことのほうが多かったように思います。

 

そのことを決してネガティブには捉えていないんですが、正直に振り返るとそんな感じです。

 

 

もちろんこれは、いろんな意味での自分の実力不足のせいなんですが。

 

なので来年、さらに力をつけて、もっともっといい音楽を皆さんにお届けしていきたいと思っています。

 

 

 

また、今年もイベントを企画・運営させていただく機会もありました。

ご協力いただいた皆さんに感謝いたします。

 

本来、あまり得意分野ではないですし、そもそも自分が企画をやるつもりはなかったものですから、関係者の皆さんには失礼な言動もいろいろとあったかと思います。

にもかかわらず、お付き合いいただいたみなさま、改めて、ありがとうございました。

 

 

2019年、やましんはより一層音楽活動に注力できるよう、現在環境を整えているところです。

 

1月、2月は活動が少し静かになりますが、3月の滋賀3man、そして福井ワンマンライブ「50の夜」を皮切りに、さらに活発にライブ活動を展開していきます。

 

2019年も、どうぞやましんをよろしくお願いします。

そして、2019年のやましんに、ご期待ください。

 

タイトルとURLをコピーしました